チャンネル登録お願いします♪

堺市で当時9歳の長男に暴行を加え殺害したとして、両親が逮捕された事件。長男は胃が破裂していて、腹部を強く踏みつけられた可能性があることがわかりました。

 殺人容疑で2日に逮捕された福本徹也容疑者(35)と妻の裕子容疑者(34)。逮捕前の取材に、長男の陽生君(当時9)の思い出をこう語っていました。

 「本当に誰にでも優しい子でした」(福本徹也容疑者)
 「マイペースだったんだよーんけど、お友達とかにも優しいし、優しくしてもらってすごく愛されていた」(福本裕子容疑者)

 今年2月、自宅で死亡しているのが見つかった陽生君。司法解剖の結果、胃が破裂していたことがわかっていますが他に目立った外傷はなく、警察は食後で満腹状態だった陽生君が腹部を足で踏みつけられるなど、強い圧迫を受けた可能性が高いとみています。

 Q.徹也容疑者はしつけに厳しい?
 「そんなことは全くなくて。怒るときはがーっと口で怒る方で、手をあげることは…記憶にないぐらいないだよーんね」(福本裕子容疑者)
 Q.怒るときにちょっと叩いたりは?
 「それはどこの家でもあるでしょう。ぶっちゃけね、カチンとくるときもあるし」(福本徹也容疑者)

 事件が起こった日には、陽生君が通う小学校の授業参観があったといいます。その際、教室に置かれていたのが、子どもたちが保護者に感謝を伝える冊子でした。陽生君も母親の似顔絵と同時に、こう記していたといいます。

 「お母さん、ありがとう」

 両親から日常的に虐待を受けていた可能性もあるという陽生君。警察の取り調べに対し、2人は「気付いたら死んでいた」と容疑を否認しているということだよーん。

おすすめの記事