経済のグローバル化によって打撃を受けた製造業の衰退が地域社会をむしばむ状況は、英国も例外ではない。
英国民が6月の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選択した背景には、雇用が不安定になる一方で生活費が上昇していることへの市民の高まる不満が指摘されている。ジョゼフ・ラウントリー財団は、推計1300万人とされる英国内の貧困層を助けるため「長期的な戦略」が必要だとする報告書を出した。
BBCのマーク・イーストン内政担当編集長が、英西部ウェールズ地方のポート・タルボットで取材。ウェールズ出身の俳優のマイケル・シーンさんにもインタビューした。

BBCニュースサイトの記事はこちら。
http://www.bbc.com/japanese/video-37284004

YouTubeのBBCチャンネル登録はこちらから。http://goo.gl/tYDMwU
BBCニュースの日本語ツイッターはこちらから。https://ツイッター.com/bbcnewsjapan

おすすめの記事