1::2020/01/10(金) 17:19:33.24 ID:7GjYC3gr0 BE:842343564-2BP(2000)

ヨウムの「無私無欲の行動」 進んで仲間を手助けか 研究
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000017-jij_afp-sctch
【AFP=時事】困っている他者を助けるための無私無欲の行動は、哺乳類、特に人間や大型類人猿などだけに見られる特性だと、長い間考えられてきた。

【関連写真】顔を赤らめるインコ、感受性の証?

 だが、アフリカに生息するインコ科の鳥類であるヨウムは、近しい関係にある仲間や「顔見知り程度」の相手にも自ら進んで手助けをすることが、最新の研究で明らかになった。自身の利益が期待できない場合でも、こうした行動を取るのだという。研究論文が9日の米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された。

 研究論文について、共同執筆者で独マックス・プランク鳥類学研究所(Max Planck Institute for Ornithology)のアウグステ・フォンバイエルン(Auguste von Bayern)氏は、協力行動と社会的知性の進化に関する知識の向上をもたらしているとAFPの取材で語った。

 インコやオウム、カラスなどの鳥は高い知能を持つことが知られているが、過去の実験ではカラスが他のカラスを助けることを証明できなかった。フォンバイエルン氏と論文筆頭執筆者のスイス連邦工科大学チューリヒ校(ETH Zurich)のデジレ・ブルックス(Desiree Brucks)氏の研究チームは、インコ・オウムの場合ではどうなるのだろうかとの疑問を抱いた。

 スペイン領カナリア(Canary)諸島にあるロロ公園(Loro Parque)の研究所で行われた今回の実験では、隣り合う2つの透明の箱に鳥を1羽ずつ入れ、仕切りの壁に小さな穴を開けて物をやり取りできるようにした。また、それぞれの箱には研究者に面した壁に開閉できる穴が設けられた。実験にはヨウムとヤマヒメコンゴウインコの各ペアを使用した。

 どちらの鳥も、トークン(代用コイン)を実験者に渡すと引き換えにご褒美の餌がもらえることをすぐに学習した。だが、自らが利益を得る機会が失われた状況で隣の仲間を援助したのは、ヨウムだけだった。

※全文はソースで

続きを読む

Source: http://news.2chblog.jp/index.rdf

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事
ソース動画プールはそのまま捨てていかれた模様293番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です(ワッチョイW9790-mtO7)▼New!>>218これ自分で撮った写真でなんだろうなこれと思ってたんだけどそいつらが置いていきやがったのか武蔵小杉駅の冠水、「こちらも多摩川氾濫…?」と思ったのですが、実際の原因は下水処理能力のパンクだった様です
未分類
ソース動画プールはそのまま捨てていかれた模様293番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です(ワッチョイW9790-mtO7)▼New!>>218これ自分で撮った写真でなんだろうなこれと思ってたんだけどそいつらが置いていきやがったのか武蔵小杉駅の冠水、「こちらも多摩川氾濫…?」と思ったのですが、実際の原因は下水処理能力のパンクだった様です
元スレ1一平くん(茸) 2019/10/13(日) 05:24:09.50ID:SfL3ODwe0●?2BP(2931) ソース https...