ザ・ウーマン 飼育された女

【ストーリー】

劇場公開、2012年10月20日。R15+指定作品。捕らえて、監禁して、飼育しようとした女は、人喰い女だった。『隣の家の少女』などで知られるホラー作家ジャック・ケッチャムが、『オフシーズン』、『襲撃者の夜』に続く食人3部作の3作目として発表した同名小説を、『MAY メイ』のラッキー・マッキー監督が映画化したバイオレンス・スリラー。劇場公開時のタイトルは、『ザ・ウーマン』。弁護士のクリスは、妻ベラ、長女ペギー、長男ブライアン、そして幼い次女ダーリンと共に一見幸せに暮らしていた。そんなある日、クリスが趣味のハンティングから帰宅、獲物として捕まえてきたのは、野生の女だった。クリスは、この女を家の倉庫で飼育すると宣言。家族たちは、家畜の世話をするように手足を縛りつけたその女の世話をする。やがて、ある事件をきっかけに、クリス一家の異常性が露呈していくが・・・。

GyaO! 配信終了日:2019年2月2日

【キャスト】
ポリアンナ・マッキントッシュ、ショーン・ブリジャース、アンジェラ・ベティス、ローレン・アシュリー・カーター、カーリー・ベイカー、アレクサ・マルシグリアーノ

映画を見る】【openload字幕
vidoza字幕
ランキング

動画を見る
映画ランキング
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

streamango字幕
FC2字幕
GyaO字幕

おすすめの記事