セイコー炎上 熊本地震で全壊の時計店にノルマ未達成で取引終了の告知

最終更新■

熊本地震で店舗が全壊した時計店「ソフィ・タカヤナギ」が、ノルマを達成していないとしてセイコーから取引終了の告知が届いたとして、大変な炎上騒ぎへと発展しています。

セイコーから一方的に取引終了の告知を受けたのは、熊本県熊本市中央区下通1丁目にある老舗ジュエラー「ジュエリー&ウォッチ ソフィ・タカヤナギ」です。

以下は、5月7日夜にソフィタカヤナギの公式ツイッターが投稿したもので、セイコーからの取引終了告知書の画像が添付されています。

熊本地震で店舗が全壊し解体作業の最中に届いたセイコーの取引終了の告知。今年末に新店舗が完成したら頑張るので考慮して欲しいと要望したけど無理と。グランドセイコーも7月から卸さないと。本当ですか…。 #セイコー #クレドール #グランドセイコー #地震被災中 #店舗全壊でもノルマを言われる pic.ツイッター.com/PyxgpreUq1

— ソフィ・タカヤナギ (@e_takayan) 2018年5月7日

セイコーが熊本地震で全壊したソフィ・タカヤナギに送付した取引終了の告知書の写真画像

セイコーは、2017年1月1日~2017年12月31日までの販売金額がノルマに至らなかったため、ソフィタカヤナギの「クレドールショップ」認定を取り消すことを通知しています。

これによりソフィタカヤナギは、セイコーの高級時計ブランド「クレドール」の取り扱いを終了することになってしまいました。

熊本地震で店舗が全壊して解体作業中に届いた文書であること、さらに年末には新店舗が完成する予定だから頑張っていきたいと交渉したにも関わらずセイコーが一方的に拒否したこと、さらにソフィタカヤナギはセイコー社と124年前の創業当時から取引があったということで、この無慈悲な対応に批判が殺到しています。

スポンサーリンク

セイコーが熊本地震で全壊の時計店にノルマ未達成のため取引終了の告知で炎上…ツイッターでの反応

熊本市中央区下通1丁目にある老舗時計店・ソフィタカヤナギに対して、熊本地震で全壊したことによりノルマが達成できなかったという事情を無視し、セイコーが一方的に取引終了の告知をしたことについて、ツイッター上でも大変な炎上騒ぎへと発展していました。

一方で、業務上な重要な文書をSNSで公開したことなどについて、ソフィタカヤナギを非難する声もみられます。

これ、どうにかならないんだろうか。セイコーは好きだしそういう契約があるんだろうけど、事情を鑑みてもらえないんだろうか。あの世界のセイコーがこの対応というのは俄かに信じがたい。何かの間違いであって欲しい。 https://t.co/hpS9EUfDu9

— マルキン (@ma_ru_kin) 2018年5月7日

熊本の時計店まとめ。
2016年4月14日 熊本地震
2016年4月20日 旧店舗で営業再開
2016年5月18日 全壊ではないと記載
2016年8月7日 「全壊判定!」と歓喜のツイート
2017年4月17日 建替えで旧店舗の営業終了
2017年4月22日 仮店舗開店
2018年3月28日 クラウドファンディングで二千万円の支援募集

— 漆器屋 小谷ロ剛 (@kotaniguchi) 2018年5月8日

セイコー炎上、仕事の書類ぼかしなく晒すのもあれで全壊か否かは知らんけど文面がちょっとどいひーみある。

— .おにび (@wtks_me) 2018年5月8日

ひっでぇ話だなあ。
温情をくれとは言わないが、こういうことをしたらブランドイメージが落ちるだろうに。
しかも卸した商品は返品不可、価値を損ねないように売れ…気持ちはわかるけど言葉の選び方ってあるんじゃない?
な、セイコー。#セイコー https://t.co/n1iAXY5bif

— マンボ音吉 (@manbootokichi) 2018年5月7日

SEIKOは言い分を主張して炎上に向かってみたらいいと思う。
なんというかイメージを大事にする売り方なら逆効果だなあとも思うんだが(多分初手は数字からのフラグで自動処理だが、その後事情説明は人の手でなされてるわけで)そこまでノルマ達成してないと卸せないというのはこれは利幅がある商品なん?

— 優しいだけのまぐろを忘れて激しい瞬間を夢見てたい夜 (@x_avenue) 2018年5月8日

スポンサーリンク

確かにあの店舗は
地震で甚大な被害を
受けましたが…

リニューアルして
クレドールやGSが
取り扱えないのは
かなり厳しいでしょうね…

熊本は
•時計の大橋
•銀座 日新堂(鶴屋)
•Second
が正直品揃えが良いですね…

— Ryu13 (@Ryu13_OTG) 2018年5月8日

その熊本の時計店はサイトに「ロレックス正規販売店」と記載していたのに、なぜか削除されてる。

— 漆器屋 小谷ロ剛 (@kotaniguchi) 2018年5月8日

セイコー熊本の話今追いついた
どちらにも言い分があるとは思うけどノリが軽すぎてこのお店でそこそこ値段するジュエリーや高級時計買いたくないという印象

— さいとうお取引 (@saitouotorihiki) 2018年5月8日

ソフィタカヤナギってどっかで聞いたなあと思ったら熊本のあの時計屋か。そりゃ熊本県民敵に回したようなもんだよね。

— なみ (@birdsnine) 2018年5月8日

人情的にはセイコーの対応は冷たいかもしれないが、これはさすがにセイコーに訴えられるだろうな。
企業文書晒すようなソフィタカヤナギは最悪他の取扱メーカーからも契約切られかねないよ。

— さとー (@sato310ka) 2018年5月8日

スポンサーリンク

ソフィ・タカヤナギ(熊本市中央区下通)場所の地図

以下、セイコーとの取引を終了させられた熊本地震で全壊した時計店・熊本市中央区下通1丁目5-10「ソフィ・タカヤナギ」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク