海を駆ける

【ストーリー】

劇場公開、2018年5月26日。全ての生命を産み出す「海」、全ての命を奪う「海」、彼は「海」から現れた。第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』の深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本による、日本、フランス、インドネシア合作のファンタジー・ドラマ。インドネシアの海岸に漂流した謎の男が、不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくさまがつづられる。貴子は日本からアチェに移住し、NPO法人(特定非営利活動法人)で災害復興の仕事をしながら大学生の息子タカシと暮らしている。彼女がタカシの同級生クリスとその幼なじみでジャーナリスト志望のイルマの取材を受けているとき、海岸で身元不明の日本人らしき男性が発見されたとの連絡が。男のもとへと向かった貴子は、記憶喪失らしい男をひとまず家で預かり、インドネシア語で海を意味するラウと名付ける。いつも静かに微笑んでいるだけのラウだったが、やがて彼の周りで不可思議な現象が起こり始め・・・。

【キャスト】
ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由

映画を見る】【openload
clipwatch
streamango
ランキング

動画を見る
人気ブログランキング
映画ランキング
FC2 Blog Ranking

openload
clipwatch
streamango
novipnoad

おすすめの記事