最終更新■

北海道札幌市中央区で12月13日、飲酒運転の乗用車が停車していた車に追突し計4台が絡む玉突き事故が起きました。

北海道警は酒気帯び運転の疑いで、札幌市東区に住む青木忠治郎容疑者(71)を現行犯逮捕しました。

発表によりますと12月13日AM0時ころ、札幌市中央区北3条東7丁目の交差点で、飲酒運転の青木忠治郎容疑者の乗用車が信号待ちで停車していた車に追突したということです。

追突された車は衝撃で前方に止まっていた車2台に追突し、計4台が絡む玉突き事故となりました。

この事故で男性3人が病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、いずれも首などの痛みを訴えているということです。

駆けつけた警察官らが青木忠治郎容疑者に呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

警察での取り調べに対して青木忠治郎容疑者は「自宅で飲酒し車でコンビニに行く途中だった」などと供述し、容疑を認めています。

この飲酒事故にインターネット上では「いまだに飲酒運転する人いるんだ」「こういう老害は刑務所行きだな」「このじいさん飲酒運転で人生終わったな」「これだけ飲酒運転はダメだって言われてるのにそれでもやる奴がいるんだからなぁ」などと様々な声がたくさんありました。

北海道警は酒気帯び運転の疑いで、青木忠治郎容疑者から事情を聴くと同時に、当時の現場の状況などについて詳細を調べています。

札幌市中央区北3条東で飲酒運転の玉突き事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

酒気帯び運転…3年以下の懲役または50万円以下の罰金
過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

札幌市中央区で飲酒運転の玉突き事故…ツイッターでの反応

札幌市中央区北3条東の交差点で、飲酒運転の男が信号待ちの車に突っ込み玉突き事故が起きたことなどから、ツイッター上でも大変な話題となっていました。

71歳のジジイがツルツルのアイスバーンを飲酒運転して信号待ちのタクシーに突っ込み3台玉突き。

こんなの武器だろ。

— n0rio (@nk3o1h0d) 2018年12月13日

札幌で71にもなる解体業のおっさんが飲酒運転で信号待ちに突っ込んで3台玉突き()

— 魔王さん (@dethpath13) 2018年12月12日

お早うございます。
札幌は快晴。
手稲から琴似へ。
駅北口に杖と片方の手袋が落ちてた・・・ナンだこれ?
飲酒運転また起きたか、どうしようもないな。飲酒運転、即免許取り消しにした方がいい。

— 北の旅人 (@8s4n6IJDrRxbZzU) 2018年12月12日

札幌の玉突き事故。
酒飲んでコンビニ行くってアホすぎるでしょう。
昨日は寒くて路面も悪く、シラフでも危ないだろうに…。

— ケロシン/KeroKero_SIN (@k2sin) 2018年12月13日

玉突き事故現場付近(北海道札幌市中央区北)場所の地図

以下、飲酒運転の車が突っ込んだ玉突き事故現場付近・北海道札幌市中央区北3条東7丁目の地図(Googleマップ)。

おすすめの記事