オススメンズ

ガンダム 閃光のハサウェイ 劇場アニメ化決定!

ソニー吉田修平氏『PSVR』の苦戦理由や『PSVita』終了について語る

■関連記事
【速報】PSVita、2019年で生産終了 新型の計画は現状ナシ

SIE:携帯ゲーム機、VRの苦戦理由は… 次世代機は? ソフト戦略の責任者にいろいろ聞いてみた
PSVR PSVita 吉田修平に関連した画像-02
<一部抜粋>
mantan-webのインタビューより
──PSVRの状況は。期待は大きいがヒット作はまだない。
吉田:PSVRは、ハードの普及という意味では順調に進んでいる。だが“VR元年(2016年)”でアナリストやメディアの期待が高かった。その期待のスピードで売れてないのは理解している。一方で制作側の観点から言えば、VRの特性を理解して、気持ち良くプレーさせる経験値は急速な勢いでたまっている。メーカー同士もお互いに吸収し合い、ゲームのクオリティーも上がっている。最初はVRの目新しさだけで遊ばれていたが、慣れるにつれて徐々に本格的なVRゲームが遊びたいという期待も高まっているので、その準備をしている。
――PSVitaが2019年に出荷を終了する。携帯ゲーム機の市場が縮小したのはなぜか。
吉田:スマートフォンは、ゲーム好きの有無にかかわらず持っているツールで、常にバッグに入れているのは大きいと思う。そしてフリー・トゥー・プレー(基本利用料無料のアイテム課金制)で、初期にお金を払う必要がないのは非常に強いと思う。
携帯ゲーム機の良さは、ゲームに適したユーザーインターフェースで、ボタンやスティックなど、ゲームユーザーが求めるものが備わっていることだ。しかしゲーム機を買わないといけないし、バッテリーの問題もある。さらに(据え置き型ゲーム機と比較して)パフォーマンスの制約がある。そして別途ゲームソフトを買わないといけない。スマホゲームの手軽さと比べるとハンデキャップがあった。
以下、全文を読む

<この記事への反応>
Vitaは何がダメだったって言われると、モンハンって言うしかないよね
4がVitaに出てたらそれだけである程度は存在感持ってただろうし
VRの大作ってバイオとかスカイリムぐらいだからなぁ。どっちもサード
ソニーが頑張らないでどうすんのよ…
まじでVRはコンテンツがしょぼい
ソニーが率先して大型タイトル出さなきゃ話にならん
まだ機材が高い、セッティング・プレイ準備が意外と手間、VR独自のゲーム性の追及が甘い、等などを感じます。
エースコンバット、絶対絶命都市に期待!
今はスマホでいろんなゲーム遊べるもんなぁ。まさかライバルがスマホになるなんて・・・
やる夫 たそがれ 窓 眺める
この感じだと携帯機は当分なさそうだな。やはり据え置き機にも携帯機にもなれるスイッチは最強だ
yaranaio-mattyo6

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)
発売日:2013-10-10
メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:89
Amazon.co.jp で詳細を見る

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット+【Amazon.co.jp限定】ギフトラッピングキット【大】 (BOX仕様:マリオキャラクターver.) (【Amazon.co.jp限定】液晶保護フィルムEX付き(任天堂ライセンス商品) 同梱)
発売日:2018-11-16
メーカー:任天堂
カテゴリ:Video Games
セールスランク:38
Amazon.co.jp で詳細を見る

「ゲーム業界」カテゴリの最新記事