1ちーたろlove&peace ★2019/09/26(木) 14:06:13.92ID:qGv81qfd9 「IMFは死ななければならない!」ロシアのトップ銀行家は国際通貨基金を廃止すべきだと言う
公開時間:2019年9月25日13:51

ロシアのズベルバンクのCEOであるハーマン・グレフは、国際通貨基金(IMF)に狙いを定め、組織は消滅すべきだと述べた。
「高等監査機関についてはあまり語りませんが、IMFのような国際機関については死に至らなければなりません」とグレフは水曜日、国際監査機関第23回国際機関(INTOSAI)の会議で述べました。

「IMFは完全に死んでいると思う」と Grefは付け加えた。

彼は、国際ウォッチドッグは長年にわたって議論されてきた改革の必要性を満たすことができないと述べた。他の国際機関は、IMFに依存するべきではない。 2007年以来、ロシア最大の銀行を率いる銀行家。

ソビエト連邦の崩壊後の厳しい経済状況の中でお金を借りなければならなかったので、ロシアにはIMFとの独自の歴史があります。Grefは、2000年代に経済大臣だったときに、組織がモスクワに税負担を増やすことを望んでいたことを思い出しました。これはすでに国内GDPの41パーセントに相当します。

モスクワは国際的な債権者に数十億ドルを負っていたが、税金に関する勧告に従うことを拒否し、債務の返済を開始した。2005年、ロシアは、30億ドル以上の最後の支払いを転送した後、予定より3年早くIMFにローンを返済することができました。
https://www.rt.com/business/469588-imf-must-die-gref/amp/?__twitter_impression=true
翻訳:Google

関連記事

カネも通信も丸裸、ロシア「監視社会化」の恐怖 2019年9月2日 5時0分

無数の参加者から、資金や動員力を持つ「恐るべき扇動者」を割り出すことが本当に可能なのか。

結論を言えば、技術的には可能だ。

それは、モスクワ警察の捜査力がすぐれているからではない。ロシアには市民の個体データ(顔や指紋)やお金の使い方、通信履歴をため込んだ巨大な監視マシーンが存在する。そのデータベースと照合すれば、扇動者を割り出せる。この巨大監視マシーンは、警察でも内務省でもない。国営銀行「ズベルバンク」だ。
https://news.livedoor.com/article/detail/17016952/

国際通貨基金(IMF)のロゴ©Reuters / Yuri Gripas
https://i.imgur.com/kieZps8.jpg

powered by Auto Youtube Summarize