1砂漠のマスカレード ★2019/09/22(日) 13:34:43.52ID:CK9lB6Ur9 https://images.keizai.biz/yamaguchi_keizai/headline/1567566489_photo.jpg
https://images.keizai.biz/yamaguchi_keizai/photonews/1567566337_b.jpg
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/115029/640x640_rect_115029337.jpg
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/115029/640x640_rect_115029335.jpg
https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/115029/115029352.jpg

山口市湯田温泉に9月1日、「ラーメン酒場 朝までHAJIME(ハジメ)」(TEL 090-9366-0304)がオープンした。

学生起業した現役山大生・甲斐勝大さん

店主は、群馬県出身で山口大学理学部3年の甲斐勝大さん(20)。
中学生の頃から起業願望があり、「山口市にないものを提供したい」と在学しながら起業。
飲食店が軒を連ねる「湯けむり横丁」内に、ラーメン店と居酒屋を掛け合わせたスタイルで出店。
約8坪の店内に、カウンター11席とテーブル15席を設ける。 

甲斐さんは「物件の契約をするときは勇気がいったが、周りの協力があったからこそ出店することができた。
挑戦の始まりではあるが、まずは僕と同年代の学生やビジネスマンの方にファンになってもらえるように頑張りたい」と意気込む。

看板メニューの「HAJIMEラーメン」(750円)は、東京都港区に本店を構える「ラーメン二郎」に野菜の盛り方やスープなどを似せた「二郎系ラーメン」。
中太ストレート麺に濃い豚骨しょうゆスープが特徴で、モヤシとニンニク、厚切りチャーシューなどをトッピングして提供する。

そのほか、細麺を使った「豚骨ラーメン」(680円)や居酒屋メニューとして「チーズタッカルビ」(1,100円)、
チキンをチーズにディップする「UFOフォンデュ」(1,200円)、「軟骨の唐揚げ」(490円)、
「だし巻き卵」(390円)、「じゃがバター」(400円)など約30種類を用意する。

甲斐さんは「地酒もそろえて山口の魅力も伝えていく。二郎系ラーメンや明け方までの営業など、このエリアにはないことをして需要に応えたい。
若者の間で流行している料理などもいち早く提供して、最新のグルメも発信できれば」と話す。

営業時間は17時〜翌4時(金曜・土曜は翌5時まで)。火曜定休。

https://yamaguchi.keizai.biz/headline/3402/
2019.09.04

powered by Auto Youtube Summarize