1ちーたろlove&peace ★2019/09/21(土) 10:27:26.47ID:MdaGAvQp9 YouTubeは、抗議後の検証ポリシーの変更をさかのぼります
2019/09/21 09:00

YouTubeのCEOは、検証ポリシーの変更に対する大きな反発を受けて、サービスのトップユーザーに再び謝罪しています。

ある日、チェックマークを廃止し、多くのユーザーに検証の資格がなくなったことを通知したことを発表した後、会社はそれらの変更をさかのぼります。

「マークを完全に逃した」と同社は金曜日に公開された最新のブログ投稿で述べた。

「既に確認バッジを持っているチャンネルは、それを保持し、アピールする必要はありません。過去のように、100,000人以上のチャンネル登録者がいるすべてのチャンネルは引き続き応募資格があります。 10月の。

Susan Wojcicki

@SusanWojcicki
To our creators & users–I’m sorry for the frustration & hurt that we caused with our new approach to verification. While trying to make improvements, we missed the mark. As I write this, we're working to address your concerns & we’ll have more updates soon.

12,729
3:40 - 2019年9月21日
Twitter広告の情報とプライバシー
2,555人がこの話題について話しています

Googleの広報担当者は、以前に確認の資格がなくなったというメールを受け取ったすべてのYouTubeユーザーは、実際に異議申し立てをせずに確認済みのステータスを維持できることを確認しました。

ただし、同社は、再設計された検証ラベルを推進する予定です。 チェックマークの代わりに、確認済みのアカウントが強調表示されるか、音楽メモが表示されます(アーティストの場合)。 ただし、YouTubeによると、これらの変更は2020年に展開される予定です。

同社はまた、将来のチャネル検証に必要なものについて、更新された一連の基準を共有しました。 チャンネルは100,000人の登録者に加えて、身元を確認し、公開されている説明とプロフィールアイコンでチャンネルが「完全」であることを確認する必要があります。

YouTubeは、検証ポリシーに関して最初につまずくプラットフォームではありません。 Twitterは2017年に検証を「一時停止」しましたが、所有者がTwitterの従業員にバックチャネルでアクセスできる何千ものアカウントを静かに検証しています。 Instagramは、不透明な検証ポリシーも批判されており、検証の闇市場を作り出しています。
https://mashable.com/article/youtube-verification-policy-changes-apology/
(翻訳:Google)

画像:YOUTUBE
確認のためのYouTubeの規定基準。
https://i.imgur.com/bu3jb5f.jpg