ロンドンハーツ 千鳥登場でエグい新企画!自分の良いトコを自分で回答!![字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ 千鳥登場でエグい新企画!自分の良いトコを自分で回答!![字]

「今までのどのドッキリよりも恥ずかしい」
久々登場の千鳥が、周囲からどう褒められているか、そのコメントを自ら予想!
ブレイク前の隠し撮りから出題も!

詳細情報
◇番組内容
千鳥への問題は
一般女性から集計した千鳥の良いイメージランキング当てや
8年前と3年前のブレイク前に撮影した隠し撮りVTRの未公開シーンからも出題!!
「(MCが)できないと思われている」
当時、語られていた本音が!!

もちろん問題は、全て千鳥の良い部分のみ!
「バランスのとれた、コンビ芸人の●●●●」

これを答えるだけでも恥ずかしいのに
間違えるともっと恥ずかしい思いを…
◇番組内容2
「もう何もできんくなる!!」
「今までのどのドッキリよりも恥ずかしい!!」

と千鳥をどんどん追い込んでいく!!

果たして、千鳥は何問正解することができるのか?
◇出演者
ロンドンブーツ1号2号/千鳥/草薙航基(宮下草薙)、ダイアン、弘中綾香、ファーストサマーウイカ、山崎弘也(アンタッチャブル) 【50音順】
◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ノブ
  2. 山崎
  3. 大悟
  4. 弘中
  5. 一同
  6. ウイカ
  7. 津田
  8. 言葉
  9. 正解
  10. 千鳥
  11. ラブ
  12. 残念
  13. 面白
  14. お前
  15. コンビ芸人
  16. ピース
  17. 番組
  18. ホント
  19. ユースケ
  20. 集合

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

〈今夜の『ロンハー』は…〉

千鳥編〉

(淳)こちらは あるネットニュースの
見出しなんですが…。

は スッと入るから…。

最高峰でいいですか?
じゃあ 3。

〈答えるのが

残念!

〈間違えると もっと きつい!〉

なんも
しゃべれんようになるわ。

〈さらに
隠し撮りの名言も出題!〉

俺が はずい…。
(亮)わかってるなあ!

〈新企画

さあ 本日の企画には
千鳥のお二人に

周りから褒められるところや
良いところをですね 問題にして

ご自身で当ててもらおう
という企画になっております。

(ノブ)「ガンバって!!」じゃなくて…。
(大悟)頑張り方がわからんよ。

(山崎)いやいや
全然 当てられる…。

いやいや お節介というか。
(弘中)えーっ!?

勝手にね こっちで
気持ちいいってなりますから。

でも 2人の問題なんで
2人が一番わかると思いますよ。

でも わかる わからないとか

とにかく 恥を
かかそうとするじゃないですか。

(一同 笑い)
(弘中)そんな事ない!

そういう事じゃないですから。
(ノブ)わかってるんすよ 『ロンハー』は。

あれなのよ。
お笑いじゃない…。

(一同 笑い)
恥かかせって どういう事よ?

恥をかかせるために
資料 全部集めてるから。

(一同 笑い)

さあ ウイカは
もう 大悟の事 大好きですから。

はい。 大悟さんは もう…。

(山崎)あらららら 禁断の…。
(ウイカ)女 出ちゃうみたいな…。

エロい目線で見るなよ…。

弘中アナは
ノブと番組やってますね。

そうなんですよ。
(山崎)『ノブナカ』。

(弘中)元々 千鳥さんのネタ
大好きだったんですけど

今は ノブさんの…。

あら…。
(ノブ)えーっ!?

そうなん?
(草薙)僕らなんかが

テレビとか 出させて
もらえるようになったのも

完全に千鳥さんのおかげなので…。

いやいや いやいや…。
そんな事ないやん。

大阪時代も 東京時代も
全て知っている?

(ノブ)なんなん? それ。

(ユースケ)それぐらい 家族みたいな
お付き合いをさせて頂いて…。

やっぱ 年上だからね 千鳥の方が。

いやいや…
年上なんですよ ダイアンが。

年上
なんですよ。

(大悟)
ほら もう恥かかせしてるやん。

(一同 笑い)
(山崎)それは ダイアンにね。

(津田)全体的に
恥かかせてますやん。

〈今回は ご覧のような

様々なタイプの褒め問題を用意〉

〈当たるかな?〉

一般女性から思われている
良いイメージ

上位5個の中から 4位の部分を

自分たちに当てて頂きたいと
思います。

えっ 一般女性からなの?
はい。

1位は 「面白い」。
(ノブ)嬉しいです。

2位は 「仲が良い」。
(一同)ああ~。

3位は 「優しい いい人そう」。

(ウイカ)うん。 いい人。

4位の部分。
(ノブ)えっ?

一般女性の方は
どういうふうに思っているのか?

難しい 思ってたより。
難しいよ。

他の4つは わかるでしょ?
言ってる事は…。

いや わかんないですよ。
そんな わかんない…。

(山崎)わからない?

(一同 笑い)

スタジオ全員で…。
そんな事ないよ。

なんか 俺
何も まだ言われてないのに

じんわり 汗かいてる…。

あのヘビの頭を
落としゃええんやろ?

どういう事よ。
(一同 笑い)

口頭でいいですよ。

はい はい…。
(山崎)シンプルに…。

ノブさん どうぞ。

当てて
早く終わらそう。

どうぞ。

これをね 言うてましたから…。
(ノブ)これは よくね なんか…。

ロケが面白いランキングとかに
ちょっと 入ったりするんですよ。

確かに。
(弘中)面白い。

(山崎)どうだろう?
ある… あるぞ。

残念。
(ノブ)ええっ!?

恥ずかしい。 恥ずかしい!

「面白い」っていう中に

ロケが面白いが入っております。
入ってるんですね。

安心してください。
ロケが面白いっていうのは

1位の方に入っていますから。

言い直さなくていいんですよ。
(山崎)ロケも面白いという事ね。

そう。 ロケも…。

シンプルじゃないの? もう
見た目とか そういう なんか…。

シンプルなのが
やっぱり 上に入るじゃない。

(山崎)いやいやいや…。
じゃないかなって。

浮かんだでしょ?
今 浮かんだでしょ? 多分 それ。

それ。 大悟 浮かんだね。

恥ずかしいの わかるんだけど
これは もう…。

当てないとね 進まないから。

恥ずかしい方の… 言えば…?
そうそうそう。 それでいいのよ。

いかついな。 いかついな お前。

(一同 笑い)

いや 「かっこいい」…
「かっこいい」じゃないん?

(津田)「かわいい」を…。

いやいや これは マジで…

ちょっと 一回だけ 話 聞いて。
いや ちょっと待って…。

女の子やから 「かっこいい」は
ちょっと また違うから…。

「かわいい」なんじゃないかと
思ったと。

「かわいい」は いかついど。
(一同 笑い)

お前から「かわいい」は
いかついど。

(山崎)どうだ?
どうだ?

正解です。

(ウイカ)すごい!
わかってるなあ!

ウソでしょ!?
(亮・淳)わかってるなあ!

こんなに 正解しても なんか
すっごい恥ずかしいし。

(ノブ)これ すごいわ!
(山崎)あっ すごい!

どうですか? ウイカ。
「かわいい」。

これ 「かっこいい」だと
私も思ってました。

いや さすが。

自らがね 「かわいい」って
やっぱ…。

一番遠いところの言葉を出す
っていうのは…。

これは すごいな。

ノブがかわいい 大悟がかわいい
半々です。

(一同)ええーっ!
もういいですって。

(ウイカ)わかる。
こういうところが かわいい。

ここ 今とか照れてる…
照れてるの かわいい!

(ノブ)これが かわいい?

(弘中)照れてるの かわいい!
(ウイカ)かわいい。

なんもできん これ。
なんも しゃべれんようなるわ。

(ノブ)ちょっと違うとこ いこう
早く 次 いこう 次!

〈まだまだ序の口〉

(弘中)おおっ すごーい!
(ウイカ)『ひるおび!』だ!

(弘中)『ひるおび!』?
『ひるおび!』方式です。

思いっきり来ていいよって
言ったから

ものすごい もう…。
(一同 笑い)

赤くなってますね。
(ノブ)真っ赤ですよ。

「千鳥さんの強みは」…。

『テレビ千鳥』の番組を
特集する記事で

山本プロデューサーが

千鳥について答えた文章の
一部ですが 解答は

文章の頭から読み上げながら
お答え頂きたいと…。

おいおい! 頭 いらんやろ!

いやいや ええやん…
そこだけでいいって。

ここからじゃないと
こう… 入ってこないでしょ?

(山崎)なるほど。
その山本プロデューサーの声がね。

ここ もう 「天才的」ですからね。

だから 自分たちが
天才的だと思う事を言えば…。

それを言うなよ!

補足を言えば言うほど
恥ずかしいんですよ。

でも いっぱいありますからね…。
(山崎)まあね。 難しいか。

いや マジで。
(ノブ)重いっすよ 肩が。

「はいはいはい!」って
言ってほしい…。

いかつっ!
「はいはい はいはい!」…。

アホやで? このクイズで
「はいはいはい!」って言うヤツ。

「千鳥さんの強みは
すべれることと

そこから○○○なのが天才的」

ああ 挙がりました! ノブさん。

もう ノブ 当てろ。

って事は ポジションとしては…。

違います 違います 違います!
2人で…。

違う! 大悟もやるから。
やるんですよ そういう…。

大悟もツッコミをする
って事ですか?

でも 大体 ツッコまれるのは
ノブさんの方ですよね?

(大悟)まあ 基本的には
ノブが やっぱ…。

だから
ツッコむのが天才的という事…。

どうだ? どうだ?

残念!
恥ずかしっ!

恥ずかしい!

(弘中)それもあるけれども…。
それもやねん。

(大悟)「ノブさんの」って
言うてないからな これな。

そうなのよ。 ここ見て ここ見て。

「千鳥さんの」って書いてあるから。
(ノブ)おい おい おい!

(山崎)ちゃんと 今後は
そういうところも

我々 見るから。 ねっ?

受付の体温計で見たら真っ赤よ。

(一同 笑い)

(ノブ)これで 今 見たら 38度よ。

入れないよ。 建物に入れないよ。
(山崎)局に入れない温度?

でも 今 顔 真っ赤にしながら
答えた事は

ヒントになってるから。
それは だから…。

ツッコんで…。
うん。

ツッコミという言葉は
入らないけど

でも まあ そこからの一言…。
そうそう そうそう!

ああ もう出るね!
きた?

だから…。
(山崎)手 挙げてください 手。

「はいはい はいはい!」っつって。
(ノブ)大悟「はいはい はいはい」…。

「はいはい!」って。
ちゃんとね。

はいはい はいはい!
(弘中)ああ~!

(山崎)言われた事をすぐやる。
(ウイカ)ちゃんとやる。

さあ 大悟さん お答えください。

立ち上がる時の一言が天才的。

残念! 残念…。

(ノブ)何? 何?
立ち上がる時の一言って。

独特な表現をして
外したんだね じゃあ。

(一同 笑い)
(ノブ)恥ずかしいよ。

最低の国語のテストやん。

ちょっと 答え出ないみたいなんで
正解 こちらです。

いかがでしょうか? 皆さん。
(山崎)いや… そうでしょう。

(ノブ)わからない わからない。
わからないって。

はい 来ました。
(ノブ)これ なんなん?

(大悟)なんで いいなと思った…?
それ見て。

やっぱ
ワイドショーやりたいんだよね。

(弘中)うわあ 出ちゃった!
珍しいな。

みんな やりたくないって言うのに
やりたいって言う…。

珍しいよ。
(山崎)昼 いきたいのよね。

こちらは あるネットニュースの
見出しなんですが…。

(ノブ)いかつい!
(大悟)多いわ!

コンビ芸人の○○も
入るんだ。

口頭でお答え頂きたいと思います。

この長さは ホント 関係ないです。
(ノブ)それ すごそう。

これ いかついですね。
(大悟)3が いかついわ。

そうね。
このコンボ 見たいね。

でも 結局
言ってるわけだから 誰かが。

めちゃめちゃ
嬉しい言葉って事ですよね。

ここでね 組み立てて
最後 ここで爆発しますから。

(山崎)「コンビ芸人の」だからね。
(ノブ)「コンビ芸人の」…。

(ノブ)こいつ すごいですわ!
(山崎)こういう事じゃない?

もう 頂ですやん。
(大悟)違う違う 違う違う…。

(ノブ)お前は頂のつもりか?
(山崎)コンビ芸人の頂。

(大悟)言うてないですやん わし!
頂って わし 言うた?

「山とかに使う言葉やんな?」って
言っただけ。

逆に なんなの?
山に使う言葉って なんなの?

だから 色々あるよ
山に使う言葉…。

例えば?
大きいとか…。

コンビ芸人が大きいって
よくわかんないじゃん。

色んなの あるやん。

最高峰…。
(山崎)エベレスト級の。

(大悟)でも ホントに 文脈的に
別に「千鳥が」とかじゃなくて

バランスのとれたコンビ芸人の
最高峰は スッと入るから…。

そうね。 収まりはいいよね。
収まりはいいですねっていう事…。

いいですか?
最高峰でいいですか? じゃあ 3。

(ノブ)よくないど。
よくないど 最高峰。

(山崎)でも …的な事だろうね
やっぱ 3は。

見出しですもんね。
(大悟)そうそう そうそう…。

でも 置いていいと思う。
一度 それ置こうよ じゃあ。

何と何を兼ね備えてるから
最高峰なの?

(大悟)だから それこそ
芸人で言うたら…。

きました!
(ノブ)いかついな!

答え できた。
怖いなあ。

答え 発表しましょう!

全部 違います。
(ウイカ)ああ ちゃうか…。

わしゃ きついのう。

わしゃ
きちぃ事 言うとったのう。

仕方ない 仕方ない これは。

ノブは でも
今の大悟の解答を受けて

それが違うんだったら こっちか
って 逆に絞れていくよね。

あるよ。 もう ノブなんかある…。
あるんやろ? ホンマは。

もう 3は…
3は 多分 そんな事なんですよ。

なんですか?
コンビ芸人のお手本みたいな…。

お手本!?
お前が言うたんや。

お手本!?
(津田)諸先輩… えーっ…!

わしは思ってない
わしは思ってないけど

ノブは お手本にしなさいって
思ってるって事やろ?

違います…。

最高峰より
下手したら上よ お手本って。

まあ 入れてみればいいじゃない。

1 2は
もう 思いついてるんでしょ?

言ってよ。
すごい恥ずかしいです 1 2。

えっ 1 2の方が恥ずかしいの?
お手本より!?

お手本よりはずいのが 1個ある。
(ウイカ)えっ なんだろう?

お前が思ってる事なんやから。

これですね。
ああ~ すごい…!

面白さと人気を兼ね備えた

バランスのとれたコンビ芸人の
お手本。

どうだ?
(ウイカ)いや 間違いない。

全部 違います!

(ウイカ)ハハハハ…!
壊れた! 壊れちゃった!

(山崎)やめて やめて。

(山崎)ロボコップ。

まだ 解答を受け付けますよ。

いやいや
1個ぐらい開けてくださいよ。

でもね ここを開けたら
もう ここね わかっちゃう…。

ああ…!

はい。
ああ 挙がりました。

ノブさん どうぞ。

気ぃつけ… 気ぃつけよ。

(一同 笑い)

止まらんのじゃ。
止めえよ。

(山崎)いや いいんじゃない?
(大悟)止まりよらんど。

言葉が出てきよるんじゃ。
(大悟)止まりよらんど。

ようないのう。
止めえ 止めえ。

面会みたい… 面会みたいに
なってるのよ だから。

(山崎)大悟ちゃんは入っちゃった
みたいな。

MC力と何?

(津田)鑑!
(大悟)おいおい。 きちぃど。

きつい。
すまなかった…。

あれ? ノブちゃんが入ってるのか?
(大悟)ありゃあ きついど!

(山崎)ノブちゃんが入ってんだな
これ。

あっち側の人だね。
(ウイカ)ノブさんがやっちゃった…。

ムショ入りしてるの向こうだな。

わし どうしようもないわ
助けようがないわ。

(山崎)1人でやっていくしか
なくなっちゃう。

5年は くらわんとな
しょうがない。

お笑い裁判の… 5年?
マジでやめてください もう。

MC力と イジられ力を
兼ね備える

バランスのとれたコンビ芸人の鑑。

鑑。
(ノブ)鑑じゃない。

どうだ?

おっ!
(山崎)きたんじゃない?

残念!
もうええ! もうええ!

もうええ!
もう答えが出ない… こちらです。

これが出たら もう わかりますよ。

まずは これです。

ああ 陰と陽。
はい! 陰と…

陽を兼ね備える

バランスのとれたコンビ芸人の…。

光か?
(大悟)お前 わし…

千鳥を光や思うんか?
(一同 笑い)

人の形した光かな?
(大悟)お前…。

(ノブ)俺らは。
(大悟)一回も光った事ない…。

正解 こちら。

(ノブ)理想形か。
いやいや いやいや…。

まあ でも 鑑とか お手本とか
っていうのは まあ…。

(弘中)同じ言葉です。
合ってるんですけどね。

まあ 要はね。

この見出しの内容なんですが…。

という内容。

褒めて頂いてね
ありがたいですけど。

いかついわ これが続くんか。

でも 今のところ まだ
気持ちがいいですか? なんか…。

今までの… もう 今の時点で

今までの
どのドッキリより恥ずかしい…。

(大悟)そういうタイプの方が
はずいんすよ。

そうなの?
(山崎)ノブちゃんでいう

今 その イジられの方ね 今ね。

それを言うなよ~。

MC力の方じゃなくて。
(山崎)MC力 さやに 今入れて…。

もう アカン なんもできん!
なんもできんようになるど!

イジられ力の方。

(山崎)おお 来た。
さあ 来ました。

以前 番組で 女子アナが選ぶ
好きな芸人グランプリを

行ったのですが

その時 千鳥は
スタジオにいなかった。

いなかった はい。
アンケートの内容を

発表しておりませんでした。

なので 今回
そのアンケートの内容の一部を

発表したいと…。
(山崎)えーっ!

まずは ノブの事
1位に投票してくれた方

弘中アナウンサーです。
はい。

あれは めっちゃ嬉しかった…。

そうでしょ?
(ノブ)テレビで見てて…。

オンエア ホント リアルタイムで
見てたんですけど…。

って言いましたもん。

この1は でかい。

弘中アナウンサーの
アンケートの一文ですね。

(大悟)弘中ちゃんが書いた?
(弘中)はい そうです。

私が書きました。
ですね。

(山崎)芸能界一?
(ノブ)えーっ?

ノブさんの事を書いています。

もう個人的に… 俺だけ?
(弘中)はい。 ノブさんの事です。

さあ この問題は 空白の部分を

フリップに書いて
お答えください。

うわ~ すごいな。 すごいな。

発表する時は「芸能界一」
っていうところから ちゃんと…。

(ノブ)もう いいでしょ そこ。

(山崎)なんとかの持ち主です
って事ですね。

(ノブ)それが恥かかせなんですよ。
(大悟)お前が芸能界で

誰にも負けてないのは
ここやなと思うの…。

いや いや いや。

いや いや いやってのは
浮かんでるけど

浮かんでるけど
いや いや いやになってるよね?

すごいのが浮かんでるんです。
すっごいのが?

それ 一回 書いてみぃよ。

『ノブナカなんなん?』っていう
番組なんですよ

弘中ちゃんとやってる テレ朝の。

その番組の性質上ね。

(山崎)ああ これを?
(弘中)えっ?

(山崎)性質上 これが…。
(大悟)その番組ではって事か?

あっ すごいな。

すごいのが… あ~!

(山崎)手が動いちゃう?
(ウイカ)筆が進んじゃって。

すっごいのがきてる!
あっ すっごいの きてる!

どう? どう?

モザイクかけないと やばいよ。

すっごい!
マジで モザイクかけてあげて

お願いね。
すっごいの…。

見せてください。
どうぞ!

芸能界一の

例えツッコミの持ち主です。

おおっ。

(ノブ)思ってませんよ。
思ってないですけど

その番組が
ツッコむ番組なんですよ。

VTRの変わった女子に。

それでワーッとツッコんでるので。

いや それを

そうね。
(大悟)「例え」を やっぱ…。

いや ツッコミは
そんなそんな…。

むしろ ツッコミにしちゃうと

(山崎)ツッコミの方が?
(ノブ)さらに さらに増える。

例えツッコミも
いっぱいいるよ。

色々とおっしゃっていましたが

不正解です。

もう~ やめてくれ!

画面を通じてでは
発見できなかった事を

仕事現場で発見したんだもんね?
そうなんです。

だから お笑い的な事じゃ
ないのかもな。

うん。
(山崎)そうそうそう。

あっ 走り出した。 走り出した。

これも いかついな 書いてみたら。

書いてみたら いかちぃ。
いかちぃっす。

でも いや でも これは…。
納得できる?

納得できる。
(弘中)おっ!

じゃあ 読みながら お願いします。
どうぞ。

ハハハハッ!

それはだって
そういう事ですもんね?

「私は」じゃないよ。
(山崎)そういうクイズだから。

違う 違う 違う。
弘中ちゃんが言ったんですよ。

そうだけど
つまりは そういう事じゃない。

私が見た ノブさんですから。
「私 千鳥ノブは」っていう事や。

私 千鳥ノブは…。

芸能界一の…。
○○。

私 千鳥ノブは芸能界一の

気づかいの持ち主です。

すっごいな。

すごいな。

まあ でも これはいい事やん。

いい事。

一回ね プレゼントというか。

はい 頂きました。
(ノブ)料理するっていうから

なんか
調味料セットみたいなのを。

え~ 素敵。
嬉しいね。

嬉しかったです ホントに。
(大悟)なんでもない日に?

(ウイカ)えーっ!
なんでもない日のプレゼントだ。

はやし立て出すな。

歌じゃん。
(一同 笑い)

(大悟)なんでもない日のプレゼント。
(ノブ)歌じゃねえわ。

仲間やったやろ さっきまで。
(大悟)歌じゃん。

正解 発表しましょう。
(山崎)きた!

気づかい。
(ノブ)はい。

残念。
(ノブ)え~!? 恥ずかしい。

それは でも
弘中ちゃんのアンケートの

全文の中には
組み込まれてるけど…。

(山崎)あっ
最後の 違うんだ? そこが。

ここは だから そういうのも
ひっくるめてって事でしょ?

はい ひっくるめて。
気づかいできるのも そう。

こういう事も そう。

それを全部ひっくるめると
これになる。

(山崎)出た?
それだと思うよ。

えー… 素敵な…
素敵な心根を…。

うん うん うん! そうね。
それ 英語で言ってほしいのよ!

英語で! 英語で!
英語で言ってほしいのよ。

え~ ごっついな これ…。
(大悟)英語は何?

よく聞く。

弘中ちゃんが使いそうな…。
ほら ほら!

LOVE&PEACEの
持ち主です!

ラブ&ピース!?
(大悟)平和? 平和でもあんの?

(山崎)ラブ&ピース?
ラブ&ピース!?

ひき殺してくれ。 殺してくれ。

芸能界一の…
芸能界一のラブ&ピース!?

殺してください!
淳さん もう殺してください!

(大悟)ラブ&ピース… ジョンだ。
(山崎)すごい!

辞めるど! 今日で引退するど!

(山崎)芸能界一のラブ&ピース?

惜しい! 惜しいよね。

惜しいです!
惜しい。 正解は こちら。

(弘中)ピュアハート。
(大悟)ラブ&ピース。

でも いいよね?
ラブ&ピースでもいいよね?

(弘中)はい もちろんです。
本人がそう思ってるんだから

ラブ&ピースにしてあげてよ。
本人 思ってない。

本人 思ってないんすよ。

全文を 弘中さんにですね
せっかくなんで ちょっと

ここで読み上げて頂きたいな。
(弘中)私が?

いやいや… 暑いわ もう…。

あっ ありがとう。

(山崎)へえ~! いやいや…。
(ノブ)ありがとう!

(大悟)色々あっての
ピュアハートなんだ?

ありがとうございます。
ありがとうございます。

〈続いては 大悟への

大悟に投票したのは
琉球朝日放送の

山城咲貴アナウンサーです。

(山崎)かわいい。
(ウイカ)かわいい。 きれい。

山城アナが答えてくれた

アンケート内容の一部を
問題にしました。

え~!
(ノブ)すごいアナだ。

(ウイカ)ハハハハ…!
(津田)いや いっぱいありますよ。

いっぱいありますよ。

もう ウイカが言いたくて
うずうずしちゃってるから。

多分 大悟ギャルズは
みんな そう思ってます。

大悟ギャルズ?
(ノブ)大悟ギャルズ?

はい。 大悟ギャルなんで。
(山崎)へえ~ かっこいい名前。

この流れからいったらね…。

(山崎)まあまあ…
なんか わかりそうですけどね。

なんか わし 使った事ないような
言葉 書こうとしてる。

(ノブ)なんなん?
使った事ないって。

ああ~…。
どうした?

まあまあ まあまあ…。
でも その辺りかな。

じゃあ 読みながら
発表して頂きたいと思います。

どうぞ。

一度ぐらい

ハグされてもいいかなぁ~
と思ったりします。

すごいやろ
出したあとの「シーン」が…。

これは… なんなん? こりゃ。

(一同 笑い)

「そう思ってんだ」だから…。

今後 フリップ
出せれんようなるよ?

なあ 笑ってくれよ!

(大悟)マジで。
(山崎)笑うような事じゃない…。

(大悟)笑うような事じゃないけど

芸人のボケが こうやった時に
あんな シーンとなったら

わし もう この力がのうなるんよ。

(一同 笑い)
(大悟)危なっ!

ボケ… ボケではないからね。
そう そう そう。

もっと 卑猥な事を考えてるのかな
と思ってたんだよね。

立ちバックとか言わんやろ!
あの子が…。

いや わかんないけど…。

言うと思ってんのよ。
(大悟)こんな写真の あの子が

「立ちバックされても」って
言わんやろ!

(一同 笑い)

ハグね。

一度くらい
ハグされてもいいかなぁ~と

思ったりします。

残念。
違うんでしょうね。

もっと攻めてるんだ。
そうそう。 もっと攻めてるよ。

だから ハグ 立ちバックの間
ぐらいって事?

当てて…
当ててほしいな もう。

されてもいいかなぁ~。

いいよ。
もう 口答でもいいよ。

えー…。

(一同 笑い)
(ノブ)なんなん? それ。

素っ裸プールなんか
そんなん すなよ!

いいやろ! 別に その…

プライベートのプールやったら
ええやろがい!

付けるやろ!
琉球のアナウンサーは。

(一同 笑い)
(ノブ)絶対に…。

素っ裸プールでも
ありませんでした。

正解 こちらです。

素敵な言葉。

すごい アナウンサーさんがね
最大限にですよ。

ホントですね。
(ウイカ)素晴らしい。

直接的な言い方じゃないし。

オシャレだね~!
(ノブ)素敵ですね。

ウイカさん これはわかる?
わかりますね。

〈続いては 後輩 ダイアンの
アンケートから出題〉

まずは ユースケ。 こちらです。

(山崎)優しいね ユースケ君は。

来ました。
(大悟)ノブと なんか…。

はい。

でも さっきのと繋がってるんやな
弘中ちゃんのと。

(山崎)弘中ちゃんの。

(ユースケ)こんな事 言われた事も
この1回だけです。 はい。

(山崎)当てれそうだ
これ 当てられそうだな。

これ いけんちゃう?

えーっ…。
(山崎)思いついたら 手 挙げてね。

手 挙げて。 当てないと。

誰だ? 誰だ?
わかるか? 当たるかな?

はい! はい! はい!

ノブ君。
当たった。

(山崎)ああ~…。

でも 文章としてはね。

違う 違う 違う 違う…。
まあまあ 優しさはな。

思ってないですよ。
優しさの塊。

残念。
(ノブ)ギャア!

(一同 笑い)

きついわ…。

でも 1は近いなあ。

(ノブ)1は近い?
(ユースケ)はい。

(山崎)言い方か。
1の方が近いんだ?

でも 人間の中でも

ユースケからとったら
もう そういう人ですから。

はい。
はい!

残念 違います。

ああーっ! 帰らせてください!
なんでもします!

(山崎)頑張れ 頑張れ!
まだいける まだいける!

ヒーローは
そんな事しちゃダメよ。

ヒーローみたいに登場して 今。
パーンと…。

(ノブ)なっ… 何を?
何をしよるん? お前は。

お前がヒーローで ダカダカダン!

そんな たきつけて 楽しいか!?

ダカダカダン! っつって…。

ヒーローみたいに言ってよ。
(弘中)ヒーロー。

ヒーローみたいに…。

お前を

ご飯 ごちそうしてやってるなんて
思った事はないよ。

俺に 大切な時間をくれて
ありがとうって

いつも 思ってるよ!

すごいな。
(一同 笑い)

(ノブ)なあ もう戻らんど。

(草薙)すごい!
ガチガチになっちゃって…。

戻らないっすよ。
(大悟)ゆ~っくり 曲げえ。

(津田)めっちゃかっこよかった…。

お湯かけながら ゆっくり曲げえ。

(一同 笑い)
ガチガチだ。

ヒーロー。
でも まあ… そうね。

まあまあ ちょっと… はい。
それでも いいっちゃいいよね。

(ユースケ)まあまあ そうですね。
それもそうなんですけど…。

はい。
はい。

(一同 笑い)
キャプテンに引っ張られて…。

キャプテンみたいに来て…。
おい なんやねん それ。

部室に入ってきた感じで…。
集合!

部室に入った感じの…。

なんで…。
(大悟)集合させて

で 1人ずつに
お前ら こうやでっていうのを

あの文字で言って。

キャプテン
いつも ありがとうございます!

お前ら 集合!
(一同)はい!

お前らを飯に誘ったとか
おごってやってるって

思ったつもり 一回もない。
(山崎)押忍。

お前らの大事な時間を
俺にくれたと思ってる。

ありがとな。

グラウンドに集合!
(一同 笑い)

おい なんやねん これ。
(津田)グラウンド 集合?

しっくりは くるよね。

キャプテン いいよ。
(ノブ)なんやねん。

(山崎)正解なんじゃない?
正解なんじゃない?

どうですか?
ついていきたかった。

残念。
ああっ!

(大悟)グラウンド
行きそうになったのに。

「偉人みたいな人やと思った」
(ノブ)いやいや いやいや…。

ここは出るかなと
思ったんですけどね。

さっき 言ってたから。

英語で… 英語で
自分の事 思ってたやつ。

えっ? ラブ&ピース?
…の前半の方ね。

「ラブの塊です」… 「愛の塊です」!

愛の塊。
(山崎)へえ~。

という事ですよね ユースケさん。
(ユースケ)そうです。

ホンマに もう
めちゃくちゃ優しくて

ホンマに なんか
ガンジーのような…。

(ユースケ)ホンマに優しさ…。

ガンジー いけるの?
ガンジーもいけるの?

ガンジーなんか…
いらん事 言うなよ!

白いの…。
(津田)白いの見えた?

ガンジーやられても
こっちも受け止めきれない…。

(一同 笑い)

ガンジー むずいっすよ。

でも やっぱり
よく知ってる人からの問題だから

弘中ちゃん やっぱ 2人のね

いいところが出てるなって感じ…。
いやいや 出てないし。

出てる 出てる。

なんか もう 飽きてきてるやん。
(弘中)違う 違う…。

(大悟)帰りたそうやん。
(ノブ)ちょっと待ってくれ。

待ってくれ 飽きてきてるやん。
(弘中)なんで 私たちのラブが

伝わらないのかなって
思っちゃって。

こんなに思ってるのに。
あんまり あれなんじゃない?

ラブばっかり出してるから

なかなか 人のは
受け止めきれないんじゃない?

(ノブ)いやいや いやいや…。
(山崎)忙しくて…。

ラブ注入なんやな?

「ラブ注入なんやな」?

(津田)ああ なるほど
ラブ注入ですよ。

いける? いける?

「ラブ注入」じゃ…
「ドドスコ」が はずいねん。

(一同 笑い)
(ノブ)「ドドスコ」のとこ。

「ドドスコ」のとこ
ごっつい 恥ずかしいんすよ。

「新東京国際空港」いけない?
最後のね。

それ なんですか?
最後 開くところよ。

藤本さんが必ず言うやつ。

わかんないっすよ。 どんな形かも。

Vの字… Vの字に開いて。

足をですか?
(津田)最後ね。

「ドドスコ」大事にせえよ。
(山崎)「集合」でしょ?

「集合」っつって みんな…。
(ノブ)集合から!?

キャプテンが…
キャプテンが見せてくれる。

こんなのだったよ。
「ドドスコ」…。

はずい! 「ドドスコ」…。
ああ すっごい はずい!

集合!
(一同)はい!

♬~「ドドスコスコスコ
ドドスコスコスコ」

♬~「ドドスコスコスコ ラブ注入」

ん~! 新東京国際空港。

(大悟)ハハッ…!

足が動かんよ もう。

(大悟)ゆっくりや。
ノブ ゆっくり…。

ゆっくり… この辺から
もう ゆっくり もんでいって…。

(一同 笑い)
もんでやらんと…。

ああ やわらかく…
やわらかくなってきた。

危ないよ。
(大悟)曲がらんからな。

筋肉っちゅうのは

続いては 津田から頂いた

大悟のプライベートに関する
アンケートです。

(ノブ)もう よく遊んでるから。
(大悟)津田の

プライベートのわしのなんか
いいわけないやん。

出てきました。
津田さん ありがとうございます。

はい… あれっ?

(一同 笑い)

(大悟)おい おい おい!
どうした? 何か あったん?

いや これは
いい話ではあったんですけど

ちょっと
津田自身の話が多くてですね。

企画がぼやけるっていう事で

これは もう このまま…。
(津田)すごーい!

えっ すごーい!
(山崎)えーっ!

なんで 迷惑かける? こんな時に。

なんで そんな事ばっかり
言うんですか!!

ほら また 自分が ほら…。

(津田)みんな ええ流れで きて…。
やってくださいよ 楽しんご!

いやいや いやいや…。
下手なフリやの ほんで。

〈気を取り直して 第7問〉

過去にですね
『ロンドンハーツ』で

何度か 隠し撮りを
お二人 されていますが…。

実は オンエアでは
使っていないところで

2人が熱く語っている部分が
あったので

そちらを お一人ずつ
問題にさせて頂きました。

さあ まずは ノブ!
それでは 早速

ノブのVTR問題をご覧ください。
どうぞ。

〈ノブへの問題は

〈かまいたち
山内ら

後輩芸人との飲み会を
隠し撮りしたVTRから〉

(西野)それが 一個…。

そういう事 そういう事。

おい いらん事 言うな!

(ノブ)「なんか言うとるな」

(大悟)「長いな」
(弘中)「語ってる!」

全然覚えてないですね。
覚えてない?

さあ せっかくなんでね

お二人 それぞれフリップに書いて
答えて頂きたいと思います。

でも あそこにいた山内君が
今 超売れっ子になってる…。

やっぱ 何か あの
もしかしたら 一言が…。

でもね それは この言葉が
効いたんじゃないですか?

(山崎)変えたんじゃない?
かまいたちを。

草薙もね この…
ここの言葉は気になるよね?

(ノブ)そんなわけないやん。

(草薙)言葉によっては

もう ホント
座右の銘にしたいぐらい。

そんな事ないって…。

さあ それでは
答えて頂きましょう。

まずは 大悟の解答からです。
こちら。

なんか いらん事はせんでいい

東京来たからっつって 別に
無理するなって事じゃないですか。

(弘中)おお~!

結構 長かったから
歌うたんちゃうかな思うて。

「ありの…」まで
いったんかなっていう。

「ままで」みたいな。
(ノブ)歌わんよ。

さあ 続いて ノブ。

お笑いやり始めた時に
思った事だけをやったらいい。

(ウイカ)うわあ!

初心忘るべからず。
いい言葉。

ありがたいね。

酔っ払って
そんな事を言ったんでしょうね。

思ってるとかじゃない…。

では 正解VTR
ご覧頂きたいと思います。 どうぞ。

わからんけど。

〈という事で 正解は…〉

〈…でした〉

いやいや いやいや…。
何も変えないという努力です。

(ノブ)恥ずかしい 恥ずかしい。
(大悟)深いなあ。

草薙は もしかしたらね

これ 名言になるんじゃないかって
言ってましたけど どうですか?

いや もう これから

サイン色紙とかに
添えたいと思います。

添えるな! 添えるな お前!
(草薙)すごい いい言葉。

〈続いては
大悟へのVTR問題〉

〈それは

〈千鳥が上京してまもない

ちょっと くすぶってた頃に
行った

飲み会の隠し撮りから〉

ホンマ思いましたね 東京来て。

…みたいなイメージって
まだ ないんかね?

何!?
これは はずい。

もう ベロベロですからね。

ノブはな

(ウイカ)2回 言った。
(山崎)ハハハハ…!

(ウイカ)アハハ…。
ハハハハ…。

ワイプやから 笑おうとして
笑ってるんですけど…。

(ウイカ)「ハハハハ…!」

(ノブ)大悟も あっ かわいいヤツやな
ってなるかなとは思うんですよ。

(山崎)あっ 「かわいい」!
(弘中)「かわいい」!

キーワード出てきた。
(弘中)すごい!

8年越しに かなってるんだ。

(ノブ)関西では…。

(ノブ)キャキャッて
してるんですけど

東京では なんか そういう事…

網走戦略が なんか ある…。

いらないんですよ あれが。

(岸本)おお… そうやけどさ。

とも思うんですよ。

(弘中)「えー 素敵! コンビ愛」

そういう

相当な勇気やと思うんです 俺は。

(岸本)おらんけどね 確かに。

テレビ見てて
嫌じゃなかったですか?

まあ 嫌… そうやな。

(岸本)なんか なんで
こんなん見て笑うてんねん…。

「きました」
(ノブ)「ああ きたね」

(山崎)「長い」
(ノブ)「長いね」

(大悟)「えー! 何?」

さあ 大悟が 最後に言った一言
なんでしょうか?

フリップに書いて
お答えください。

皆さんもね
ちょっと考えてみてください。

いや いや いや… 覚えてるな
でも あのVTR。

ねえ。 あれ もう 最悪でした。

4人で話してる…。
(山崎)そうそう ちょっと まだね

東京で うまくいってない頃の
千鳥がね。

どうしようか?
ってなってる頃ですよね。

ノブ小池時代だよね。

あっ そうなんですか。

(山崎)でも 確かに あの時
ノブ君が言ってたように

やっぱ MCもできてるしね 今。

できてないんです。
できてないんです。

(大悟)すごい言い方してたやん。

できるっ!
(一同 笑い)

できるっ!!

(ノブ)「き」が あんなに強いんだね。
できの「き」が。

どうですか? 草薙 8年前です。
(山崎)芸人じゃないんじゃない?

そうなんや。
(大悟)すごいな お前。

大悟さんも ちゃんとかわいく
なってますもんね あれから。

いや ちゃうちゃう。
(ウイカ)かわいいって言われる。

網走戦略から切り替えた瞬間が
あるんだね。

網走戦略もとってねえし。

いやいや 言ってたじゃん だって。

ノブが勝手に言うてるだけ。
わし なんの戦略もとってねえよ。

だから もう 今 ちょっと

あの時の。
(山崎)あの時の そうそうそう。

(ノブ)網走モードだ。
(弘中)網走顔だ。

よく そんな戦略 とれてたな。

あ~ ちょっと待って
わし なんか わかったかもしれん。

(山崎)おっ!
じゃあ いいじゃん。

最後 答えてね 正解して。

もう 当てよう。
もう 当てよう。

ありがとう…。

〈今週 木曜深夜の
『アメトーーク』は

〈留学先のカナダに
楽しく送り出してあげよう〉

ホームステイ
できるわけねえじゃん。

〈一波乱も! 今週 木曜深夜〉

〈8年前 まだ東京で
うまくいってなかった頃〉

〈ワイプで愛想笑いしないという
大悟が語った理由とは?〉

なんだろう?
うわ~ 言うて…。

大悟が酔って…。

よく言うような。
(ノブ)大悟が酔って

なんか こう
フィニッシュブローのように

決める一言があるんですよ。
(山崎)あ~ それじゃない?

それかな?
それっぽいな。

(ノブ)なんかで言ってたんかな?
取材で言ってたんか?

取材じゃないかな…。
では まずはノブから。

わしは

中学時代のわしを笑わせたいんよ。

あ~ なるほど。
(弘中)すごい素敵 ロマンがある。

(ノブ)…みたいな事を
なんかね 飲みながら。

ウイカさん。

言ってほしい? 逆に。

(ノブ)お笑いを好きな時の…。

(山崎)自分を裏切りたくないと。

っていう時に 「あ~ なるほどな。
そうか そうか」って

思った覚えが…。
(山崎)問題になりそう…。

さあ 大悟の答え 見てみましょう。

大悟の答え こちらです。
(大悟)でも まあ ホントに…。

えー…
わしは 中学生の大悟が見て

おもろないと思う芸人には
なりたくないんですよ。

(津田)え~ 正解ちゃいます?
(山崎)へえ~! 一緒じゃない。

だから もう
言ってる事 一緒だよね。

やっぱりね
繋がってるんだなっていうのが

わかるね。

「繋がってるんだな」じゃ…。
(弘中)繋がってる。

(ノブ)「繋がってるんだな」じゃ
ないんですよ。

いや… こんなに 俺
そろうと思わなかったから。

(山崎)見せて 見せて。
(ノブ)もう~… もういいですって。

(山崎)立てて 立てて!
もう 出しててよ。

出しておいてください。
合いそうじゃん。

中学時代のわしを笑わせたい。

わしは 中学生の大悟が見て
おもろないと思う芸人には

なりたくないんですよ。
(山崎)すごいね。

(弘中)いや~ すごい!
かっこいい。

残念ながら 不正解。

(弘中)え~!? え~!?

(山崎)え~!?
(ノブ)はずっ!

正解の感じやん!

恥ずかしい!
(ウイカ)泣きそうになってたのに。

(大悟)え~!
違うんだ?

(山崎)これで終わりでしょ
これ 普通!

消して 消して。

「消して 消して」だ。
(ウイカ)感動してたのになあ…。

繋がるのは
すごいなと思ったけど。

え~?
え~?

さっきの やっぱ VTRを…

網走戦略
とってたじゃないですか。

で 笑わないんだと。
ホントに面白い時しか笑わない。

なんで そういう戦略を
とってるかの理由だよね。

なぜ 今 網走なのかという…。

ああ~!

じゃあ こういう事かな?

だから さっき出した
「中学生の」みたいな事の

延長だよね。

はいはい! はい! 当たりました。
これは当たりました。

ちょっと わし わかんない。

では ノブから いきましょうか。

だから そういうふうにしとけば

自然と お笑い番組しか
こなくなるんじゃない?

だから もう

そういうVTR見る系の…
情報系の番組は…。

別になくてもいい…?
(ノブ)なくてもいいと思う。

あ~ でも… あ~ そういう…
そっちかな?

で これでいいんじゃない?
みたいな もう。

大悟の解答は?

テレビ見てる人と
その… VTRを見てる

スタジオにおる芸人が
って事なんですけど

同じ顔でテレビ見てないと
ズレてくるでしょ。

おお。 ほうほう。

(大悟)だから
「面白ないものを笑ってて

変にならないですか?」みたいな。

〈正解は こちら〉

テレビ見てて
嫌じゃなかったですか?

まあ 嫌… そうやな。

(岸本)なんか なんで
こんなん見て笑うてんねん…。

〈という事で正解は…〉

〈…でした〉

網走戦略が必要なんだと。

ホントにトップを取るためには。

(山崎)ああ~!
(ノブ)はいはい はいはい はいはい。

いわゆる
天下取り宣言って事ですね?

ウイカさん。

(一同 笑い)
(ノブ)今!?

今 取りました。
(ノブ)今!?

今 取りました。

だから そのままいくよっていう
宣言やったって事ですね。

ホンマに まあ こういう事やな。
お笑いだけでみたいな…。

さあ というね 形で

クイズ形式で 千鳥のお二人を
振り返ってきましたけども

全然 恥ずかしくなかったでしょ?
恥かかせじゃ…。

恥ずかしいよ! 全部。
全部?

もう 後半 麻痺して
こんなん普通に言ってるから。

(大悟)それが怖いのよ。

おかしなってるやん。

何より天才じゃないですか。

すごい お笑いにストイック。

〈次週は 新コンビを結成するなら
誰と組みたいかガチ選び!〉

面白く演じる力がある。

〈大事なのは お笑い力?〉

「うわっ! かっけえ!」と思って。

〈それとも人間性?〉

見てられないな
誰にも呼ばれないで帰るの。

〈選ばれれば嬉しいけど
選ばれなかったら悲しすぎる〉

ヨイショが ださいっていう…。
(福田)おい!

(有吉)ヨイショが はずいんだよ。
(福田)お~い!

〈そして 男性芸人たちによる
妄想恋愛企画など…〉

〈過去のラインアップは
TELASAでチェック!〉

Source: https://dnptxt.com/feed

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事