海上自衛隊は、11月3日から6日までと11月17日から20日まで、インド洋とアラビア海域で日米オーストラリア(クワッド:4カ国)間で合同海軍訓練「マラバール2020」を実施する。 。 インド洋のベンガル湾での訓練では、海上自衛隊の護衛艦「オナミ」が駆逐艦とフリゲート艦を相手に海上演習を行った。 アラビア海では、護衛艦「ムラサメ」が参加しました。 インド海軍と米国海軍は空母の参加を得て実施されました。

この点に関して、11月25日付の米国外交政策誌で、同志のコラムニストSalvatore Babonesは、NATO(北大西洋条約機構)は現在、軍事組織ではなく政治組織であると述べています。 :日米オーストラリア・インド4カ国協力)は、NATOのアジア版と呼んでも問題ないとのこと。

Babonesの社説では、クワッドはNATOのアジア版と呼ばれていますが、冷戦時代のNATOとは異なり、今日のNATOは主にテロ対策、サイバーセキュリティ、弾道ミサイル防衛などの分野にあります。 彼は、兵器管理、エネルギー安全保障、環境などのより政治的および社会的な分野で働いているので、NATOのアジア版と呼ばれることを心配する必要はないと言います。

NATOはもともとソビエトの軍事的脅威に対処するために作成されましたが、現在ロシアの軍事的脅威がないとは言えませんが、冷戦時代に匹敵するものではないため、NATOの使命は品質。 しかし、社説が説明しているように、彼は軍事的精神が衰退し、政治的および社会的使命が増加したことに気づいていませんでした。

クワッドは海軍演習を行いますが、軍事同盟ではありません。 そもそも中国を念頭に置いて作られたことは確かですが、中国との対決を引き出すものではありません。 一般的に、中国のアプローチは社説で言及されている「サラミ戦術」であり、小さな行動を蓄積し、それらを時間の経過とともに好ましい戦略的環境に変えることを含みます。 尖閣諸島と南シナ海での中国の行動はこんな感じです。 そのためには、定期的にリラックスせず、毎回中国での小さな行動に適切に対応することが重要です。 クワッドもこれを念頭に置いて中国に対処する必要があります。

さらに、社説が指摘しているように、ベトナム、韓国、台湾などの関係国や地域との協力も重要です。 中国はこれらの国や地域にさまざまな圧力をかけています。 4つのクワッドは、中国の圧力に対処するためにこれらの国や地域と協力する必要があります。

クワッドは日本にとって重要な連帯です。 そして、中国と正面から向き合うのではなく、中国の「サラミ戦術」に合った方法で中国に対処することも、日本の考え方に沿ったものです。

米国は中国との対決を強めているが、これはトランプ政権だけでは問題にならないようだ。 米国議会と世論の両方がますます中国を批判している。 次期バイデン政権はトランプ政権の対立姿勢を示さないが、議会や世論による中国の批判を考慮に入れる必要がある。

日本は次のバイデン政権と中国の政策の間でバランスをとる必要があります。 同様に、日本は引き続きクワッド協力の強化に取り組むべきである。

  

▲「ウェッジインフィニティ」新しい記事等々。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事