ロシアといえば、世界をリードする宇宙大国のイメージが強い。 国際宇宙ステーションプログラムでは、ロシアは米国と同じくらい中心的であり、ロシアのソユーズ宇宙船はまた、宇宙飛行士をそこに送るための有人宇宙輸送の手段を独占しました。

しかし、近年、潮流は大きく変化しています。 これは、米国の技術革新により「ロシアにできないこと」の範囲が広がり、インドなどの台頭により「ロシアにしかできないこと」の範囲が狭まったためです。

前者の代表は、米国のスペースXが開発した再利用可能なロケット「ファルコン9」です。 ブースターを逆噴射しながら着陸することで、メンテナンス後に再利用できる革新的なロケットです。 そして「ファルコン9」の登場により、ロシアの旗艦ロケット「プロトン-M」は衛星打ち上げ市場でのシェアを完全に奪われました。 年に12回まで衛星を打ち上げていた2020年の「プロトン-M」の打ち上げ数は、1回に激減しました。 国営宇宙企業ロスコスモスのロゴジン社長は、「打ち上げ市場は宇宙市場全体の4%に過ぎず、シェアを取り戻すつもりはない」と語った。 多くの人が、激しい衛星サービス市場でどこまで生き残ることができるのか疑問に思っています。

従来の有人宇宙飛行技術も困難な状況にあります。 中国が独自の有人宇宙飛行に成功したのは2003年のことでした。 SpaceXは今年5月に成功し、インドは21年を目標に有人宇宙飛行を計画しています。

次に、軍事側に目を向けましょう。 ロシア軍は航空宇宙軍の傘下に宇宙軍を持っており、軍事衛星の打ち上げから運用まですべてを独自に処理する能力を持っています。 特に2015年に開始されたシリア作戦では、ロシア語版のGPSと呼ばれるGLONASSが初めて大規模に導入され、軍隊が自分の位置を把握し、爆弾や巡航ミサイルで精密攻撃を行うことが可能になりました。

しかし、米軍は1991年の湾岸戦争でもこのレベルの軍事宇宙利用を行っていたので、ロシアの宇宙運用能力は約四半世紀後に米国に追いついたであろう。 ロシアの軍事衛星は数的には米国に比べて圧倒的に劣っており(下図参照)、個々の軍事衛星の性能も多くの点で米国に劣ると考えられています。

そして、ロシアの経済的および技術的能力の制約を考えると、ロシアの軍事宇宙作戦能力が近い将来に米国に追いつくとは想像しがたい。

したがって、焦点は自分の能力を上げることではなく、敵の能力を下げる方法にあります。 そのような考えは新しいものではありません。 冷戦中、ソビエト連邦は、軌道上で米軍衛星に接近して爆発させて破壊する攻撃衛星(いわゆるキラー衛星)技術を熱心に追求し、ソビエト連邦の終わりに戦闘に配備しました。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事