台風10号 気象庁・国交省緊急記者会見(2020年9月4日 AM11時)

私たちが経験したことのないような、とてつもない強さを持つ台風が迫っています。
台風10号は「特別警報級」の強さで沖縄から九州に接近、上陸する恐れがあり、気象庁は最大級の警戒と、きょう中の台風への備えを呼びかけています。

非常に強い台風10号は現在、日本の南の海上を西北西に進んでいて、今夜中には「猛烈な」台風に発達し、伊勢湾台風並みの「特別警報級」の強さで明日夜からあさってのAM中にかけて沖縄に接近し、その後、7日にかけて奄美地方や九州に接近・上陸するおそれがあります。

気象庁と国土交通省は先ほどAM11時から緊急記者会見を行い、次のように呼びかけました。

国土交通省水管理・国土保全局
河川環境課 高村裕平課長
「台風の接近する地域では、河川の増水等の際には、暴風により移動できなくなることも考えられるため、風が強くなる前に安全なところへ避難するなど早めに身の安全を確保してください」

台風10号の中心付近の最大瞬間風速は、あさってAM9時には住宅が倒壊するおそれのある80メートルと予想されているほか、接近に伴い、鹿児島や宮崎では、大きな河川でも氾濫のおそれが高まっているということです。
気象庁は、記録的な暴風や高波、高潮や大雨に対する最大級の警戒を呼びかけるとともに、きょう中に台風への備えを終えるよう求めています。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事