台風10号「非常に強い」に 発達しながら西北西へ(2020年9月4日)

非常に強い台風10号は日本の南にあって発達しながら西北西へ進んでいます。6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近、または上陸する恐れがあります。

 気象庁によりますと、非常に強い台風10号は4日AM3時には日本の南にあって1時間に約15キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルとなっています。台風は今後、さらに発達して進路を北寄りに変えながら5日から6日にかけて沖縄の大東島地方に接近する見込みです。6日AM3時には猛烈な勢力となり、中心気圧が915ヘクトパスカル、最大瞬間風速は80メートルに達すると予想されています。さらに6日から7日にかけては奄美地方から九州に接近、または上陸する恐れがあります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事