見えにくい「相対的貧困」 親子3人17万円の生活を家計簿で体験

朝日新聞社は、「子どもと貧困~踏みだそう、解決への一歩」と題したフォーラムを2日、大阪市内で開きました。高校生から70代までの約130人が参加。見えにくい「相対的貧困」について知るために実施した講座を紹介します。
■親子3人17万円の生活 想定
 家計簿体験は幸重(ゆきしげ)忠孝さんが講師となり、計45人が参加しました。国民生活基礎調査(2013年)などから、一般家庭の可処分所得を、家族3人の場合、月34万円と算出。相対的貧困ラインはその半分の17万円として、37歳の夫婦と中学1年の子どもの家族の生活費を考える内容。「17万円という額は、福祉の制度が使えるかどうかギリギリのライン」(幸重さん)と考え、福祉制度や補助などは使わないということにして進めました

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事