台風10号は週末西日本に接近へ 気象庁警戒呼びかけ(2020年9月2日)

1日、日本の南の海上で発生した台風10号が週末、勢力を強めて西日本に接近する恐れがあり、警戒が必要です。

 1日夜、小笠原諸島近海で発生した台風10号は、現在、西寄りに進んでいます。この後は、北上しながら発達して非常に強い勢力で週末、奄美や西日本にかなり接近、上陸する恐れがあります。奄美と西日本では、6日から7日にかけては大荒れの天気となる見込みです。
 気象庁・杉本悟史主任予報官:「週末を迎える前に台風への備えを終わらせるようにお願いしたい」
 気象庁は台風10号の発生からわずか半日という異例の速さで説明を行いました。気象庁は台風10号が今後、特別警報級の勢力まで発達し、去年、千葉県などを襲った台風15号などよりもさらに強い風速で西日本や奄美地方に接近、または上陸する恐れがあるとして警戒を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事