危険な台風10号 週末に西日本接近、上陸の恐れも(2020年9月2日)

大型で非常に強い台風9号が九州を直撃しています。また、きのう発生した台風10号は特別警報級の勢力で西日本に接近、上陸する恐れがあります。現在、長崎県の一部が台風9号の暴風域に入っていて、各地に暴風警報や高潮警報が発表されています。この後、あすの明け方にかけてが風のピークで、瞬間的には50メートルと走行中のトラックが横転するような風が吹く恐れがあります。暴風や高波、高潮に厳重に警戒して下さい。
 また、雨も強まります。台風本体の雨雲が掛かる九州北部は今夜遅くにかけて雷を伴った猛烈な雨が降る恐れがあります。また、台風から離れた四国や近畿、東海でも発達した雨雲が掛かり続ける見込みです。あすの夕方にかけて最大200ミリから300ミリの大雨が予想されています。土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要です。
 あすは太平洋側を中心に不安定な天気です。関東は青空が広がる時間もありますが、所々でにわか雨や雷雨となりそうです。北陸から北の日本海側は晴れますが、暑さに注意して下さい。9月に入ったというのに新潟と秋田は36度と今年一番の暑さです。金沢は37度まで上がるでしょう。青森も今年初めての猛暑日になりそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事