台風10号「特別警報級」の勢力で週末上陸のおそれ

00:00 気象予報士・久保井さんの解説
台風9号は今夜(2日)、九州北部に最も接近する見通しです。台風の接近にともなって、九州ではこのあと2日午後さらに風が強まります。局地的にはトラックが横転するような猛烈な風がふくおそれがあります。そして台風から離れている東海から西の太平洋側では、台風からのしめった空気の影響で雨が強く降り、四国では明日(3日)のお昼にかけて300ミリの大雨が予想されます。九州北部で予想される最大瞬間風速は50メートル、高潮にも警戒が必要です。

そして台風10号は、このあと発達しながら北上し、日曜日(6日)ごろに非常に強い勢力で西日本にかなり接近、上陸するおそれがあります。週末から週明けにかけて西日本を中心に警戒をしてください。

00:52 台風10号は「特別警報級」に発達のおそれ
気象庁は、台風10号が今後、「伊勢湾台風」並みの『特別警報級』の勢力まで発達して、6日から7日にかけて奄美地方から西日本に接近、または上陸のおそれがあるとして、記録的な大雨や暴風、高波、高潮に対する最大級の警戒を呼びかけました。

さらに、「予報にはまだ幅があるが、広い範囲で甚大な影響を受けるおそれがある」として、「週末を迎える前に台風への備えを終わらせるよう」求めています。

#台風10号 #特別警報級 #最大級の警戒

(JNNニュース 2020年9月2日)

▼TBS NEWS 生活・防災 Twitter
https://twitter.com/TBSNEWS6

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/

▼TBS NEWS 公式SNS
 ◇Twitter
  https://twitter.com/tbs_news

 ◇Facebook
  https://www.facebook.com/tbsnews/

 ◇note
  https://note.com/tbsnews

 ◇instagram
  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/?hl=ja

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事