多くの台湾人は、バイデン政権が樹立されれば、トランプ政権に比べて米国が中国との「和解ルート」をとることを恐れて政権を見守っている。 このような懸念に応えて、11月13日付けのタイペイタイムズ社説「恐れることのないビデン大統領」は、トランプ政権の4年間だけでなく、米国の対中政策の主要な傾向を想起し、バイデン政権に向かった。 。 彼は、この移行は、台湾が心配すべきではない中国に対する米国の厳格な姿勢を変えることはないと主張している。

トランプ政権下の中国政策のターニングポイントは、マイク・ペンス副大統領とマイク・ポンペオ国務長官によるスピーチであり、「中国との関与政策からの脱却」を明確にした。 1970年代以降の米国の対中政策の基本は、中国が中国に「関与」し続けると、やがて自由になり、外界に開放され、国際協力ルートをとることが期待されることである。 気持ちがありました。 一方、ポンペオは「習近平は今や使用人の全体主義者になっている」と述べている。

バイデン政権下では、トランプ政権下での「中国関与政策からの脱却」という政策が、どのような名前で扱われるかが注目されている。 ..

トランプ政権の誕生直後、蔡英文大統領はトランプ大統領に直接お祝いの言葉を伝える機会があり、電話での会話を行った。 中国はこれに激怒したが、1979年の外交関係以来、米国大統領が台湾大統領と電話で会話したのは初めてだった。 台湾の人々は、米国と台湾の関係がトランプ政権下の「未知の領域」に入ったと感じていたようです。 少なくとも、それは中国が「一つの中国」の原則と呼んでいるものを破った。

電話会談が象徴するように、トランプ政権と台湾との関係は目に見えて強化されており、今年の8月、米国保健社会福祉長官のエデン・アザールが台湾を訪問した。 台湾への米国の武器輸出も拡大しており、過去4年間の売上高は170億米ドルに上ります。 これらの兵器の中には、地対空ミサイルや、中国本土の反対側にある福建省の海軍と空軍を先制攻撃する能力があります。

一方、今日の米国では、台湾の政策は、台湾への支援を強化するための超党派の支援を持っています。 例えば、民主党でさえ、「台湾旅行法」と「防衛認可法」に賛成したため、米国下院と衆議院の両方の決議を可決した。

米国の台湾政策は民主党の下にあるが、1996年のビル・クリントン政権下で、「台湾海峡危機」の際、中国の動きを抑えるために2隻の空母が台湾海峡に派遣された。 その時、中国は何の助けもなく撤退した。 オバマ政権では、それは単なる名前でしたが、「アジアに戻る」という戦略を打ち出しました。

上記の社説が述べているように、日本の民主党の下での台湾に対する多くの米国の公約を振り返ると、バイデン政権は中国の脅威に対する台湾への支持を容易に変えることができた。 あなたはそれを得ることができないかもしれません。

最近、中国は蔡英文政権への脅威を強めるために台湾海峡で頻繁に海軍と空軍力を使用しているようです。 習近平は指示を出しました軍との戦いの準備をいつでも入ることができるように準備を怠らないでください、そして。 この指示は台湾を指名していませんが、意図がどこにあるかは今日の両岸関係から明らかです。 台湾当局は11月22日、米インド太平洋陸軍の諜報部長であるマイケル・スタッドマン少将が非公式に台湾を訪問したことをロイターに漏らしたと報じられている。 それは中国の脅威に対するチェックとして見ることができます。

日本にとって多くの課題がある中で、日本は台湾と協力するために何ができるでしょうか。 まず、日本と台湾の人的交流のレベルを上げることを検討する必要があります。 これは、米国下院と米国下院の両方による「台湾旅行法」の採択に対応しており、米国と台湾の間の人的交流のレベルを高めています。 台湾と日本の両方が、自由、民主主義、人権の価値観を共有する日本と台湾の間でより高いレベルの交流を持つことが非常に望ましいです。

さらに、台湾の現在の経済規模を考えると、台湾の中国への依存を減らす方向で環太平洋パートナーシップ(TPP)に台湾に参加する日本のイニシアチブはアジアです。 太平洋の国々にとっては欠かせないもののようです。 今日、台湾の民主化のレベルと経済規模は、アジア太平洋地域ではすでに無視できない重要な資産になっています。

  

▲「ウェッジインフィニティ」新しい記事等々。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事
関連スレ【下級は老人でも逮捕、勾留】看護師の女性にわいせつした79歳の男、逮捕兵庫県長男殺害で実刑判決の元農水次官”異例”の保釈長男を殺害した罪で懲役6年の判決を言い渡された農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)について、東京高等裁判所が20日、保釈を認める決定をし、被告は保釈金500万円を納めて保釈されました
未分類
関連スレ【下級は老人でも逮捕、勾留】看護師の女性にわいせつした79歳の男、逮捕兵庫県長男殺害で実刑判決の元農水次官”異例”の保釈長男を殺害した罪で懲役6年の判決を言い渡された農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告(76)について、東京高等裁判所が20日、保釈を認める決定をし、被告は保釈金500万円を納めて保釈されました
元スレ1スタス ★2019/12/21(土) 17:23:47.94ID:qjrDH8hB9 関連スレ 【下級は老人でも逮捕、勾留】看護師の...