9月2日、ドイツ政府は「アジア太平洋ガイドライン」を採択した。 それによると、それはアジア太平洋諸国と一緒に将来の国際秩序を形作るためにドイツをより広く位置づけることを目指しています。 また、関係の多様化とドイツの最も重要な貿易相手国である中国への依存の軽減も含まれます。 そのため、「ドイツのインド太平洋戦略」が採用されたとの報告もありますが、何らかの形で留保する必要があるかもしれません。 まず第一に、これは「戦略」ではなく「ガイドライン」です。 また、内閣が決定したものの、外務省がまとめたガイドラインであり、社会民主党(SPD)に所属するマース外相の議題と思われる。

確かに、ドイツは、英国とフランスがインド太平洋へのコミットメントを急速に深めているのを見るのを待ちきれず、ここ数年で突然「インド太平洋」の概念に関心を持ち始めました。 長い間、アジアにおけるドイツ車の輸出市場として中国にしか興味がなかったのですが、米中関係の悪化により、中国が東欧、バルカン、南欧などに進出するのではないかと警戒しています。それもまた感情であり、彼は日本のインド太平洋の概念に少し興味を示し始めました。

なかでも、マース外相は昨年2年連続で来日し、2018年7月に来日した際には政策研究大学院大学を訪問した。日独関係と変化する世界秩序におけるアジアの役割題名の講演をしました。

火星外相は、日本とドイツが協力して世界の多国間主義、自由主義、そして国際社会をルールに基づいて保護すべきであると長い間考えてきました。この考えはこの「ガイドライン」に強く表されています。 ing。 強調すべき原則には、多国間主義、ルールに基づく秩序、SDGs、人権、包括性、地域の視点からのパートナーシップが含まれます。

もともとドイツは日本と同様に安全保障政策の概念を広く定義している国であり、今回は平和と安全を高めるものの、経済から文化までを網羅した包括的なアプローチであり、取るべきイニシアチブはまた、環境。 それらの多くは経済発展を強調しています。

ドイツは来年9月に総選挙を行う予定であり、事実上選挙運動中です。 火星外相のイニシアチブはまた、価値を前面に押し出し、中国までの距離を相対化するという点で、メルケル政権の外交から少し距離を保とうとしています。 この点は日本に認められ歓迎されるべきですが、問題はメルケルがあまり熱意を示していないことです。 したがって、ガイドラインには多くの特定の目標が含まれていません。 むしろ、これは、SPDが来年の選挙のためのCDUの中国に対する経済志向の政策に対して、中国に対してより価値志向の政策を設定したことをアピールするためのヒントと見なすことができます。 したがって、ドイツがこれらの「ガイドライン」でアジア太平洋政策を急速に転換するのを見るのは時期尚早のように思われる。

  

▲「ウェッジインフィニティ」新しい記事等々。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事
機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ:第2部「サンオブブライト」(仮題)タイトルの意味仕掛け原作小説と変えるところも2021年09月02日人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)のトークイベントが9月2日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、ブライト・ノア役の声優の成田剣さん、アニメを手がけるサンライズの小形尚弘プロデューサーが登壇した
未分類
機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ:第2部「サンオブブライト」(仮題)タイトルの意味仕掛け原作小説と変えるところも2021年09月02日人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)のトークイベントが9月2日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、ブライト・ノア役の声優の成田剣さん、アニメを手がけるサンライズの小形尚弘プロデューサーが登壇した
元スレ1ホスフェニトインナトリウム(佐賀県) 2021/09/03(金) 08:51:23.08ID:O+GZVFR40?2BP(5500)...