山本彩が劇場で泣く→須藤凜々花に投票→裏切りりぽん【元NMB48さや姉 選抜総選挙】

2015年総選挙開票速報でNMBが振るわなかったため、キャプテンの山本彩が劇場で泣いてしまう。それまで「気が強そうな女だなあ」と敬遠していたのだけど、さや姉のNMB愛に感動してとても好きになった。自分は速報5位と悪い結果ではなかったのに仲間のために涙を流せる彼女は、とても清い心の持ち主だ。2018年11月に惜しまれながらNMB48を卒業した。
須藤凜々花は、髪をショートにしてから数か月後に男をつくったと当人が述べた。結婚宣言まで2年近い交際期間があったということだ。須藤のアイドル活動期間は3年数ヶ月である。半ば以上が騙しの期間だった。すべてがぶち壊しになるのを承知で隠れて男と付き合っていたのだから、「上西怜ちゃんは私が守る」「NMBに人生を賭ける」「私に投資してください。絶対損はさせません」などという調子のいい言葉は、すべて嘘であった。
卒業後は「反省したと言えといわれたが、後悔していない」「最後の握手会は、酒を飲んで臨んだ」「観覧車でするベロチューはサイコー」「コソコソする恋愛はクソ」などと下劣で訳の分からないことをテレビ等でしゃべりまくり、今も頑張っているメンバーや多くの人が大切にしているNMBに泥を塗り、かつてのファンを嘲笑する炎上芸とやらで芸能界にしがみついている。
須藤の裏切りは、山本彩ひとりに対してだけではない。その後ろに、悲しみ傷ついている大勢の人たちがいることを知ってほしい。自らの言動に全く責任を持てず、無反省である須藤の言葉にだまされてはいけない。自分のせいで発狂した古参ファンをネット放送で晒し上げ笑いモノにするなど、須藤凜々花という人物の非人間性には恐怖すら感じる。
私ごとになるが、三年近く『りりぽん』を応援し、交通費も含めれば100万円以上費やした。こいつの正体に気づけず、多くの人を傷つけ苦しめた悪事に荷担した。何人か巻き込んでしまったことが、申し訳なく情けなく悔しい。思い返すと今でも怒りで体がふるえる。三度生まれ変わっても、このことは忘れない。
詳細は下記を参照のこと。

2018年7月 ネット放送で恋愛妄想にとりつかれた精神障害者を晒しあげて笑う須藤凜々花(音声のみ)
https://www.youtube.com/watch?v=W6DHcTmrpS8&feature=youtu.be

山本彩ラストシングルMVに須藤凜々花が全く出ない件
https://ameblo.jp/yuugeki-internet/entry-12407846736.html

須藤凜々花は、なぜあの時『結婚宣言』したのか。AKBの闇
https://ameblo.jp/yuugeki-internet/entry-12361412166.html

須藤凜々花が消えると発信した事と、ラップファンの皆さんへの忠告
https://ameblo.jp/yuugeki-internet/entry-12431576329.html

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事